ニキビ跡なおす

ニキビ跡を放っておくと、だんだん茶色いシミや色素沈着になってしまうことがありますよね。

 

いったん色素沈着をしてしまうと、普通の肌ケアをしても消すのは難しくなります。

 

では、ニキビがシミや色素沈着にならないようにするには、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

 

ニキビがシミや色素沈着になる原因と予防

  • .ニキビ跡のシミや色素沈着の原因はメラニンだった!
  • .スキンケアで予防できる?
  • .肌のターンオーバーを促す生活習慣

シミや色素沈着に負けない肌を作るためのもできることから始めましょう。

 

|メラニンの活発化がシミや色素沈着の原因

ニキビ跡になる前のケア

皮膚にニキビができると、毛穴の奥でアクネ菌が繁殖します。アクネ菌は放っておくと肌の細胞をどんどん破壊するので、肌はアクネ菌に対抗するために活性酸素を生成します。

 

この活性酸素は、アクネ菌を撃退するには効果的ですが、本来守るべき肌の細胞まで攻撃してしまいます。

 

そうなると、肌は細胞を治癒させるためのホルモンを分泌しますが、そのホルモンはメラノサイトを刺激する作用もあるため、過剰にメラニンが生成され肌が変色してしまうのです。こういったシミができる過程はニキビに限らず、肌トラブル全般にいえることです。

 

小さな引っかき傷が治った痕にシミになっていたり、吹き出物の痕が茶色くなるのもメラニンの働きによるものです。

ニキビ跡をシミにしないための予防法

ニキビ跡のシミや色素沈着は、ニキビができてから治るまでの過程で原因が発生しています。メラニンの生成をしないように止めることはできませんが、スキンケアに気を付けることで予防はできます。

ニキビ跡の予防に効果があるもの

  • 美白成分が含まれている化粧水やクリーム
  • ピーリング効果のある化粧品や洗顔料

美白成分には、アルブチンやハイドロキノン、ビタミンC誘導体など、さまざまな種類があります。こうした美白効果のある化粧水やクリームを毎日つけることで、ニキビ跡がシミや色素沈着になることを予防できますよ。

 

ピーリング効果のある化粧品や洗顔料は、肌のターンオーバーを促進してニキビ跡の予防になります。

シミや色素沈着を防ぐ生活習慣

ニキビ跡を残さずきれいに改善するためには、肌のターンオーバーを活発にすることが大切です。

肌のターンオーバーに影響があるもの

    亜鉛サプリ

  • ストレス
  • 食生活
  • 睡眠時間

仕事や友人関係でストレスがあると、肌が荒れやすく治りが悪くなることがあります。また、偏った食生活や睡眠不足では、肌のターンオーバーが阻害され健康にも響いてしまいます。

 

ニキビ跡のシミや色素沈着にならないためには、ストレスはなるべくためないように、上手な息抜きを心がけ、食事は野菜中心に見直しましょう。特にビタミンCは肌の生まれ変わりには欠かせない栄養素です。サプリなども利用して積極的に摂取するのがおすすめです。

 

成人の睡眠時間は7時間から7.5時間が最適といわれていますが、成長ホルモンの分泌が一番活発になるという夜10時から翌2時を睡眠にあてることで、美肌にも繋がりますよ。

 

 

顔にニキビ跡のシミができてしまうとすごく気になるので、できるだけ予防はしておきたいものです。美白化粧品やピーリング化粧品を利用しながら、健康的な生活習慣で美肌を保っていけたら良いですよね。