皮脂過多の改善には化粧水選びが大事?

皮膚表面の皮脂が過剰になってきてしまっている場合にはそれに適した化粧水を使うことが大切です。

 

化粧水にはしっとりするタイプのものやさっぱりするタイプのものなどがきちんと分かれているので、お店で相談するか、ネットなどで良く調べてから選ぶ必要があります。

 

皮脂過剰の人にはどのようなタイプの化粧水を用いるのが望ましいのでしょうか。年齢別に見ていきましょう。

 

10代〜20代の若い肌の皮脂過多向けには

  • クレンジング機能のあるもの
  • 古い角質や黒ずみをふき取れる、スクラブ入りのもの

これらの化粧水であれば、皮脂過剰によって増えたニキビやニキビ跡もどんどん目立たなくなっていくでしょう。

 

 

30代〜40代の肌の皮脂過多の人

  • 毛穴ひきしめタイプと書かれているもの。
  • 収れん化粧水など。
  • 「薬用」と表示のあるもの

 

これらが有効なようです。

 

 

50代以上の肌の皮脂過多の人

  • あまりさっぱりしすぎないもの
  • 「薬用」の表示があるもの

保湿性の高いものを選ぶのが良いので、さっぱりするよりも吸湿性が大事です。

 

50代以上ともなると、肌表面のバランスやターンオーバーのサイクルも乱れがちですので、やはり原材料の表示のしっかりしたものがよく、できれば、オールインワンばかり使うのよりは、せめて夜だけは、化粧水をたっぷり使って、乳液と分けて使うようにしたほうがいいでしょう。手入れをちゃんとやっていると必ず肌に跳ね返ってきますので、怠らないほうが良いですよ。