皮脂過剰の影響って?

肌表面の皮脂が過剰になってくると、まず最初に考えられるトラブルとしてはやはり「ニキビ」です。

 

皮脂分泌のバランスが悪くなってくると、ニキビだけでなく、周辺の肌状態も悪くなり、皮脂の独特なニオイも気になるようになってきます。

 

また、皮脂は汚れを寄せ付けやすいので、ただでさえ黒ずみやすい毛穴がさらにいっそう黒ずんだ感じになってしまいます。では、過剰になってきてしまっている皮脂をおさえるためにはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

 

まず、代表的な方法としては、

 

  • 必要以上に顔を洗いすぎない
  • 食生活に気を付け、脂分を取りすぎないようにする
  • ビタミンEが配合されていない化粧品を用いる

 

顔を洗いすぎると必要な皮脂まで流れてしまい、肌は敏感に「皮脂が足りない!」と察知し、今まで以上に余分に皮脂を作り出そうとします。

 

ビタミンEに関しては後述しますが、皮脂分泌を促進する働きがあることが最近の研究でわかってきています。

 

皮脂は肌にはとても大切なのですが、ありすぎるとニキビなどの原因となってしまいます。化粧品を買うときには成分表示にも注意しましょう。