ひどいニキビ跡が悩みで生活に支障が出てしまう時には、皮膚科で治療を受けて早くキレイな肌に戻したいものです。とはいえ、ニキビ跡を皮膚科で診てもらうとどういう治療がおこなわれるのか、ちょっと心配になるのも事実です。

 

ニキビ跡の特徴

病院

  1. .シミや色素沈着
  2. .赤み
  3. .クレーター

 

ニキビ跡のタイプは大きく分けてこの3つです。皮膚科でのニキビ跡の治療法は、それぞれのニキビ跡で違いがあります。

 

|シミや色素沈着の治療法

 

ニキビ跡が茶色いシミになって残ってしまうのは、ニキビの炎症を治癒させる過程でメラニンが過剰に生成されたためです。ニキビ跡のシミや色素沈着の治療は、基本的には一般的なシミと同じです。

病院での治療法

    病院

  • 皮膚科・・・・・美白剤などの処方薬を患部に塗りこむ
  • 美容皮膚科・・・塗り薬の処方

            フォトフェイシャル(特殊な機器での施術)
            ケミカルピーリング

美容皮膚科のフォロフェイシャルやケミカルピーリングはシミを消す効果があります。

赤みの治療法

ニキビ跡の赤みが長期間残ってしまう場合は、ニキビの炎症で肌の組織が壊されて皮膚が薄くなってしまい、肌内部の血管や筋肉が透けやすくなっていることが考えられます。

ニキビ跡の赤みを消す治療

  • レーザー治療
  • フォトフェイシャル
  • ケミカルピーリング

レーザー治療やフォトフェイシャルは血流や毛細血管を収縮させることで赤みを抑える効果があります。ケミカルピーリングは、肌のターンオーバーを促進して皮膚の組織を正常に整える治療です。

クレーターの治療法

ニキビ跡に凹凸ができてクレーターになってしまうのは、ニキビの炎症が真皮層にまで及んでコラーゲンが破壊されてしまったことが原因です。肌の細胞にムラができてしまった状態で皮膚が再生しているので、表面がでこぼこしているのです。

 

皮膚科で行なう肌のクレーターの治療法

  • フォトフェイシャル・・・コラーゲンやエラスチンの生成を皮膚細胞に促す
  • 線維芽細胞増殖因子(FGF)を注射・・・へこんだ皮膚に細胞を増殖させる
  • ニキビ跡に身体の他の部位の組織を移植する
  • ケミカルピーリング(軽度の場合)
  • 処方薬(軽度の場合)

 

 

シミ、赤み、クレーターと、ニキビの悪化度によって残されるニキビ跡にも違いがありますよね。ニキビ跡が肌に残っていると気持ちも落ち込んでしまいますから、早目の治療で健やかな肌を取り戻しましょう。