ビタミンC誘導体

肌に良いというビタミンCビタミンC誘導体

 

どちらもよく聞く成分ですが、どういう違いがあるのか、はっきりとは分かりませんよね。

 

ビタミンCとビタミンC誘導体の違いと、ニキビ跡への効果について紹介します。

 

ビタミンCとビタミンC誘導体の違いと効果

  1. ビタミンCとビタミンC誘導体
  2. どちらの方が効果がある?
  3. ニキビ跡への効果

 

|ビタミンCとビタミンC誘導体の違い

ビタミンC誘導体

 

ビタミンCは、果物や野菜などに含まれる栄養素の一つです。その成分は抗酸化作用や免疫力の向上に効果があり、健康食品やサプリメントなどでも注目されています。

 

体の中に摂取する健康成分のほか、肌のターンオーバー促す効果があるため、美肌美白の分野でも化粧品やスキンケア商品に配合されていることが多いです。

 

ただ、サプリメントとは違い、化粧品などに配合されている時には「ビタミンC誘導体」という名称に変わっていることも。

ビタミンC誘導体はビタミンCを使いやすく改良したもの

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを人工的に改良して成分の効果が損なわれないようにしたものです。ビタミンCは非常に壊れやすい性質があるため、そのまま化粧品などに使うと効果が半減してしまうこともあります。

 

そのため、長期間の保存や温度・湿度の変化にも耐えられるように改良したのがビタミンC誘導体なのです。

ビタミンC誘導体の効果

  • メラニンの生成をおさえてシミや色素沈着を防ぐ
  • 新陳代謝を促す
  • 肌のターンオーバーを助ける

そのままのビタミンCよりも分子が小さく、肌への浸透性が高いので、肌の奥まで成分を届かせることができます。

ビタミンC誘導体はビタミンCはどちらの方が効果が高い?

ビタミンCとビタミンC誘導体で美肌効果が高いのは、ビタミンCの方になります。ただ、ビタミンCをそのまま化粧品やスキンケア用品に配合すると、成分が壊れて効果が出にくく、浸透力も弱いというデメリットがあるのです。

 

純粋なビタミンCとして販売されている美白製品もありますが、ニキビケアの効果で考えればビタミンC誘導体の方が使い勝手も良くてニキビ跡の改善も期待ができます。

ビタミンC誘導体はビタミンCのニキビ跡への効果

ビタミンCには肌内部の細胞の修復を助けて肌の生まれ変わりを助ける働きがあるので、ニキビ跡の残った肌を改善してきれいに整えてくれます。

 

ニキビの跡がシミになって残ってしまった時には、毎日のスキンケアにビタミンC誘導体が配合された化粧品を使ったり、洗顔後にビタミンC誘導体が配合されたクリームをシミになった部分に塗りこんでみるのも効果的ですよ。

 

 

普段よく耳にする成分ですが、どういう違いがあるのかを理解すれば、より効果的なニキビ跡の改善につながりますね。ニキビやニキビ跡を早く治したい時は、ビタミンCの配合されたスキンケア用品を選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。